HIV生活

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

エイズ発症その2

つづきです。

カリニ肺炎治療のため投薬開始です。

 病名(原虫名?)が変わったみたい
 カリニ→ニューモシスチス
 以後ニューモシスチス肺炎で

バクタ錠毎食4錠。1日12錠服用。

 これ↑が直径1cmの錠剤で飲みずらいこと、、、

投薬、レントゲン、血液検査の入院生活のスタートです。

 ちなみに個室。望まなくても。
 入り口に「汚染血液専用ゴミ箱」設置。ちょっとショック、、、

以後、ご存知 とてもヒマな入院生活 でした。

湿疹を抑える副腎皮質ホルモン剤飲んだり
血液検査で「トキソプラズマ脳症」の抗体発見したり

 ↑絡みでCTスキャンとMRIを初体験!

21日間のバクタ錠1日12錠投与を得て
 
 発熱してすぐ収まる等、色々あります。

その後、様子見に何日か入院生活。そして退院。



今は自宅で養生中です。

 バクタ錠毎食1錠1日3錠服薬とうがい薬使用。
 経過確認に2週間ごとに通院中。

まだ、肺に影があるそうでHAART(抗HIV治療)はまだです。

 あらためて考えると今もAIDS患者か、、、

こんな状態↑でもとりあえず外を出歩いたり
できてます。

 のどが痛いけど(カンジタ炎ではないみたい)

以上、今現在までの流れです。


次回からは日常のことでも書いていこうと
思います。
始まり | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

エイズ発症しました。

今、現在までのお話。

去年の年末からどうも息切れがありました。

 階段を上がる時 自転車で坂を上がる等

「歳のせい」?などと軽く思ってました。


で、年明け。


今度は寒暖で息切れがするように。
仕事始めの初日、会社周りの掃除がつらい、、、
さすがに「これはまずい」と

次の日(←その日に行けよって感じ。反省、、、)
近くの町医者に行きました。

「心臓が膨らんでいる」とのこと。
抗生物質を処方してもらい帰宅。
ちょうど週末だったんだけど

ちっともよくならない。

また、町医者へ。前回言われていた地域の
拠点病院へ紹介状を書いてもらい転院。

へろへろ状態で拠点病院へ。

紹介先の循環器の先生へ。
レントゲンを見るなり、呼吸器の先生へ

 ここでえらく待たされる

ようやく診察。レントゲンをみるなり
「血液検査しましょう」と言われました。

ファイルを持たされ血液検査室へ。

なにげなくファイルの裏側を見ると


「緊急入院」!!のカード入り。


えらいことになった。などと思うまもなく

検査→診断→入院

となりました。

 この時点では病名は告げられてません。

病室で酸素チューブをつけてもらい
ようやく落ち着きました。

その日の夕方、病室から別室へ呼ばれました。


「HIVに感染してます。カリニ肺炎発症してます」
と告げられました。


うわ〜


とはその場では思わなかったんだけど
病室に帰り

「泣きました」

つづく。
始まり | permalink | comments(3) | trackbacks(3)
PROFILE
Amazon 本のご案内
SELECTED ENTRIES
SPONSORED LINKS
    
Google検索
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
    
MOBILE
qrcode